安全で確実だと思って医療脱毛を選んだ結果

美容クリニック業界の現実

男性のみなさんには共感頂けると思いますが、毎朝の髭そりってめんどくさいですよね。私は喉のあたりまで髭が生えていて、毎日剃っても夕方くらいには生え始めてて本当に苦痛でした。そこで3年ほど前に医療脱毛をしました。そのときから、バルクオムという化粧水を使っています。当初は、男性が医療脱毛をするだなんて!と少し抵抗感もありましたが、待合室に行ってみると結構な数の男性患者さんがいらっしゃいました。私が試したのは、レーザー脱毛でした。最初にあった説明の時に、皮膚の中の毛をレーザーで焼くから少しだけ痛いということを聞きました。ですが実際には・・・・めっちゃ痛いんです!笑特に1回目は慣れていないから、痛みで声が出るレベルです。しかも、3回目くらいからレーザーのレベルを上げるんですよね。これってつまり、痛みも増えるんです。月に1回ペースだったので、毎月この日が近づいてくると不安になっていました・・・ですが、効果はしっかりとありました。あんなに繁っていた髭が綺麗さっぱり!ツルツルな肌になりました!

美容クリニックの大手企業の裏側

お陰で毎朝の髭剃りから解放されました。私が医療脱毛を決意したのは25歳の頃です。脱毛に関してほとんど知識がなかった私はインターネットを通じて医療脱毛について少し触れる程度に調べてみました。結論としては、医療脱毛とは美容クリニックで行うものとは全くの別物であり、一度行うと一生生えてこないというものでした。また免許を持たない美容クリニックのスタッフが行うのではなく医療スタッフが行う立派な医療行為であるということ。これだけ知れば私が医療脱毛を選ぶ理由としては十分でした。いざ脱毛を行う部屋に案内されるとそこはまるで美容院のように綺麗な空間で癒し効果のあるBGMまで流されていました。私がイメージしていた医療脱毛は硬いベッドに寝かされ、さながら手術のような雰囲気を想像していたのでとても驚いたのを覚えています。実際の脱毛時は想像を絶する痛みでした。医療脱毛なのだから麻酔などないのか訪ねましたが私が通った病院にはありませでした。麻酔科医がいない為だということで、ただただ痛みに耐えるしかありませんでした。数回通っているうちにトラブルが起きました。前処置で塗るクリームのような物を看護師が種類を間違えて顔全体が異常にヒリヒリしだしたのです。痛みを訴えたことで看護師が間違いに気付き、すぐに顔を洗うように指示されましたが、私の頬は大きな瘡蓋のようになりました。医療脱毛を信用して行ったのに逆に酷い目にあってしまったという苦い体験です。中々稀なケースだと思いますがその日依頼その病院に通うことをやめました。もし今後、医療脱毛をする機会があるのであれば口コミなど下調べを入念に行い臨みたいと考えています。

鼻の美容整形を行う前にはしっかりとカウンセリングを!

こんにちは。皆さんは鼻の美容整形に興味をお持ちでは無いですか?私は昨年鼻の美容整形を受け、見違えるほど人生が楽しくなりました。そこで私がおすすめする鼻の美容整形の方法をお伝えします。まず、一番重要なのは「お医者さんとしっかりとカウンセリングをしよう」ということです。どんな鼻の形にしたいのか?どんな鼻が似合うのか?をしっかりとプロの医師と話し合いを行いましょう。このカウンセリングをきちんとしてくれないお医者さんでの美容整形はお勧めしません。注入してもらう物は「固形物」のほうがおすすめです。なぜ、個体の方がいいのかと言いますと、「液体は体内に吸収されてしまうリスクがあるから」です。液体の注入物はなんと、体の中に吸収されてしまう事があるのだそうです。私がおすすめしたいのは「固形の注入物を入れて鼻の形を整える美容整形」です。私も実際に固形のプロテーゼを注入してもらいましたが今のところ大満足です。最後に、手術の痛みです。正直「多少の痛みと腫れ」は覚悟して手術に臨むべきだと思います。私も術後の腫れはありましたし、当分の間の違和感はありましたが、今は全くなく毎日を過ごせています。しっかりとしたお医者さんとカウンセリングを通じて安心した美容整形を受けられることをお勧めします。

PR|根管治療ならおすすめの岡山の歯医者で歯科医院コンサルティングは

クリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビクリニックラボ